茨城県霞ケ浦に浮かぶ神社?!その正体は○○だった!

茨城県霞ケ浦にぽつんと浮かぶ神社があることを知っていますか?

浮かぶ神社って一体どういうことなのか気になりますよね?!

今回は茨城県霞ケ浦にあるという浮かぶ神社について調べてみました♪

茨城県霞ケ浦にある浮かぶ神社の正体とは?

その神社がこちらです!


神秘的で写真を見る限り神社にしか見えませんが、浮かぶ神社の正体は釜谷沖水質自動監視所といって神社ではありません!びっくりですよね。笑

釜谷沖水質自動監視所は東国三社(香取、息栖、鹿嶋)をイメージして作られたそうです。

釜谷沖水質自動監視所の場所はどこ?

釜谷沖水質自動監視所は茨城県潮来市の北浦という場所にあります。

とても神秘的で素敵なので拝みたくなりますが、 釜谷沖水質自動監視所まで行くことはできません。遠くから見てくださいね!笑

釜谷沖水質自動監視所は何をするところ?

ここで気になるのが釜谷沖水質自動監視所はいったい何をするところなのでしょうか?

釜谷沖水質自動監視所は水質の変化を監視している場所で24時間稼働しています。みんなが安全に水道用水、工事用水、農業用水を使うことができるようにする場所なのです!

まとめ

茨城県霞ケ浦にある浮かぶ神社の正体は釜谷沖水質自動監視所でした♪

近くに行く際は遠くから見てみたいですね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA